岩手大学生協ブログ

今日は推薦入試です。
受験生の保護者の方向けに「大学生活説明会」を開催しています。
夏休みや冬休みの日程のこと、1日の時間割のこと、自宅通学とアパートの大まかな費用の比較などをご説明しています。
また推薦入学した先輩学生から、入試後の暮らし方やメンタル面などの自分の体験談を披露してもらいました。
約80名の保護者の方が、耳を傾けてくださいました。

DSC_0038.JPG

学生総合共済の給付状況を知らせる『給付ボード』が新しくなりました。
岩手大だけで、1ヶ月で42件・224万円もの給付があったんですね。
このボード、生協学生委員会の手作りです。助け合いの暖かい気持ちが伝わってくるような、ほのぼのとした感じが良いですね。
フクロウのようなキャラクターは、学生総合共済のマスコット「タヌロー」です。

もしまだ加入していない方は、今からでも申込みできますよ〜。

DSC_0027.JPG

DSC_0103.JPG
DSC_0041.JPG

今日は新入生から相談を受けました。

夜アパートの部屋にいるとき、ドアポストを開ける気配がして、ピンポーンピンポーンとチャイムを鳴らされた。返事をしないでいると、ガチャガチャとドアノブを回されたとのこと。

その後1時間くらいあとにもやってきて、「おっ、居るぞ」と男の声がして、ピンポーンピンポーンと鳴らされたとのことです。こんなことが昨日と一昨日の2日間続いたそうです。

そして「もしアパートに帰ったときに出くわしたりしたら、どうすれば良いですか?」というのが相談でした。

 

今回この女子学生さんには、もしバッタリ出くわしたら、なるべくその場は立ち去ってすぐ不動産部に電話を下さるようにお話しいたしました。

確かにこの土日は、新聞の勧誘員がアパートを回っている姿を何回も見かけました。また連休中は鳴りを潜めていた換気扇フィルターの訪問販売なども、もしかしたら動き出したのかも知れません。過去には「管理会社の依頼でまわっています」などとウソをついて、4年分と称して2万円近い法外な価格で売りつけていった悪質な者も居ました。みなさん、気を付けましょう。

先日の雑談の学生が「朝、ドアが開くようになりました〜」と、嬉しそうに報告に来てくれました。「ガラス戸を開けて、さあっと入れ替わって寒くなったら閉めて、あとは寝るんです。」と言ってました。

朝の結露も、『寝るまえ換気』を始める以前に比べると、格段に減ったそうです。思わずこちらまで嬉しくなってしまいました。

学生達は今、期末試験の真っ最中です。カゼ引かないように頑張ってくださいね。

朝、アパートのドアが凍って開かなくなるって、想像できますか?

でも同じアパートの中でも、ドアが凍る部屋と凍らない部屋があるんです。これは入居者の暮らし方で違いが出るようです。

ドアが凍る人に共通しているのは ”屋に居る時間が長い ▲檗璽織屮襯織ぅ廚離侫.鵐辧璽拭爾鮖箸辰討い襦´K悗百控い鬚靴覆ぁ,裡嚇世任后

ポータブルタイプのファンヒーターは、灯油を燃焼させたときに出る水蒸気を、そのまま室内に放出します。大ざっぱに、灯油1リットルで水蒸気1リットルが放出されるといわれています。どんどん室内に放出し続けた水蒸気は、窓やドアなどに触れて冷やされたところから水滴に変わっていきます。就寝前に飽和状態に達した水蒸気が、明け方室温の低下に伴ってさらに水滴に変わっていきます。そしてドアの内側に、まるでコップで掛けたように水が流れ、ドアの下で凍り付いてしまったわけです。

朝のドア凍結を防ぐために、最も効果的に換気するタイミングは就寝直前でしょう。長時間掛けて水蒸気を満杯にした室内の空気と、外の乾燥しきった空気を入れ換えるのです。当然室温は下がりますからまた暖めなければいけませんが、それほどたくさんの水蒸気を放出する前に室温は上がります。

結露を放っておくと、調味料が固まったり、布団や衣類やブーツなどがカビることもあります。

実は学生メンバーとの雑談でこのことを話したら、「是非みんなに聞かせたい」と言われたので、久しぶりにブログを更新してみました。

表示

生協では、契約した全てのアパートに訪問して、設備の不具合とか、大きなキズ・汚れなどの点検をしています。

本来なら入居の当日に伺うのが理想なのですが、新学期ばかりはそうもいきません。なにせ3〜4日の間に、700人くらいが入居してきます。

そこで、新学期だけは入居者様に自分で点検していただいて、点検用紙を提出していただいています。そして後日、入居者様のご都合に合わせて、生協のスタッフが確認に伺わせていただいています。

 

この一連の作業も、ほぼ今日で終了です。

このあとは、点検作業の際に撮りためた写真の編集作業が待っています。

 

この訪問点検を初めてからもう5年になりますが、退去時の精算トラブルが大幅に減りました。これもみな、学生のためです。気の遠くなるような作業ですが、頑張ります。

表示

約1ヶ月ぶりの更新です(泣)

いよいよXdayが迫ってきました。曜日配列の関係から、今年は4月3日が入居のピークです。

ウチの管理アパートだけでも、4月3日入居が100件を超えてしまいました。

 

設備の説明やらゴミ捨て場の案内など、入居者様一人当たり最低15分はかかります。

移動も考えると、1時間当たり3人が限界です。

業務委託してる会社から、専任スタッフの皆さんが4人で回ってくださいます。それでも足りないので、我々不動産職員からも2名が、入居時説明にアパートを回ることになりました。そうすると、1時間当たりMAXで18人こなせることになります。

ウチは今でも「アナログ管理」なんです。写真の青文字が入居予定です。緑文字は、「家具家電品の入居前配達&無料設置サービス」と、クロネコヤマト引越便の入居前代行荷受けの日程です。

ご覧の通り、4月2日は緑文字ばっかりで、4月3日は青文字ばっかりです。

まずは、この日までに補修とハウスクリーニングを終えなくては・・・

今日はいよいよ資料発送です。

夕方、佐川急便さんが引き取りに来てくださいました。

それに間に合うように、みんなで袋づめ作業です。学生のサポータースタッフの皆さんが頑張ってくれました。

毎年、この季節の風物詩ですねぇ。KC290035.JPG